◆◆☆★犬の病気事典では、犬がかかる病気の解説、犬種別にかかりやすい病気を解説★☆◆◆
◇【犬の病気事典】◇【犬の病気】五十音順◇『椎間板ヘルニア』★ ミニチュアダックスフンド 《アトリエ チョコ》★

ミニチュアダックスフンド チョコ ミニチュアダックスフンド クラブ
atelier choco アトリエ チョコ

ミニチュアダックスフンド ロゴ
ミニチュアダックスフンドの特徴
ミニチュアダックスフンドの特徴
ミニチュアダックスフンドの性格
ミニチュアダックスフンドの歴史
ミニチュアダックスフンドの種類
ミニチュアダックスフンドをサイズで分類
ミニチュアダックスフンドを毛質で分類
ミニチュアダックスフンドを毛色・模様で分類
犬の飼い方・犬のしつけ方(1) ミニチュアダックスフンド
家族に迎える
飼い主のマナー
子犬の選び方
道具などの準備
犬の飼い方・しつけ方(2) ミニチュアダックスフンド
犬のしつけの前に
犬のしつけの時期
犬の月年齢
犬の飼い方、しつけ方(3) ミニチュアダックスフンド
犬のトイレのしつけ方
犬の食事のしつけ方
無駄吠え・吠え癖のしつけ方

犬のトレーニング 訓練
首輪・リードをつける
訓練
お座りの訓練
待ての訓練
来いの訓練

ミニチュアダックスフンド メニュー
購入したら病院へ?
粗悪なドッグフードの
実態!

犬の病気事典
犬の病気を五十音順
で検索
ミニチュアダックスの
かかりやすい病気
目の異常

簡単!ミニチュアダックスフンドのグルーミング方法
ブラッシングの仕方
シャンプーの仕方
爪切りの仕方
耳そうじの仕方
ムダ毛のお手入れ
歯磨きの仕方

ペットや動物の絵画・肖像画制作


犬の病気事典
【犬の病気】◆五十音順

◆椎間板ヘルニア
〔症状〕

姿勢がおかしくなり、歩き方がヨタヨタしたりする。腰が抜けたまま立ち上がれなくなり、両後肢を引きずるなどの運動障害などをきたすこともあります。抱きかかえようとすると嫌がったり怒ったりする。悪化すると後半身が麻痺し、排便排尿障害などをきたすこともあります。

〔原因〕
隣接する2つの背骨の間にある椎円板の核の部分や円板そのものが何らかの原因で変形して、背側、または腹側に飛び出すことで、脊髄を圧迫し運動障害や麻痺を起こす病気です。

〔治療〕
症状によって違いますが軽度の場合、鎮痛抗炎症剤を投与して消炎を試みたり、温熱療法やマッサージをおこないます。
重度の場合、外科手術をおこない神経を圧迫している部分の椎間板を取り除く必要があります。

〔予防〕
過度な運動や肥満は足腰に負担をかけるのでよくありません。
遊んであげる際、ジャンプさせたりするのは控えましょう。
段差のあるところを歩かせるのも足腰に負担をかけるのであまりよくありません。














【犬の病気】◆五十音順のトップへ



ミニチュアダックスフンド《atelier choco》 TOP
ミニチュアダックスフンド《atelier choco》 TOP



オイルパステル画
ギャラリー
アクリル画
ギャラリー
4コマ☆漫画 ミニチュアダックスフンドの特徴 ミニチュアダックスフンドの種類 犬の飼い方・
犬のしつけ方(1)
犬の飼い方・
犬のしつけ方(2)
犬の飼い方・
犬のしつけ方(3)
個人情報保護 Q&A お問い合わせ リンク集
ペット関連〔1〕
リンク集
ペット関連〔2〕
リンクについて サイトマップ


《atelier choco》に掲載されている作品・写真・文章等の無断転載、転用、複写、複製行為は禁じております。