ミニチュアダックスフンド ★グルーミング方法★『自宅で出来る♪ ダックスフント お手入れ方法』
■ グルーミング方法 「耳そうじの仕方」 ■ ミニチュアダックスフンド ★アトリエ チョコ★

ミニチュアダックスフンド チョコ ミニチュアダックスフンド クラブ
atelier choco アトリエ チョコ

ミニチュアダックスフンド ロゴ
ミニチュアダックスフンドの特徴
ミニチュアダックスフンドの特徴
ミニチュアダックスフンドの性格
ミニチュアダックスフンドの歴史
ミニチュアダックスフンドの種類
ミニチュアダックスフンドをサイズで分類
ミニチュアダックスフンドを毛質で分類
ミニチュアダックスフンドを毛色・模様で分類
犬の飼い方・犬のしつけ方(1) ミニチュアダックスフンド
家族に迎える
飼い主のマナー
子犬の選び方
道具などの準備
犬の飼い方・しつけ方(2) ミニチュアダックスフンド
犬のしつけの前に
犬のしつけの時期
犬の月年齢
犬の飼い方、しつけ方(3) ミニチュアダックスフンド
犬のトイレのしつけ方
犬の食事のしつけ方
無駄吠え・吠え癖のしつけ方

犬のトレーニング 訓練
首輪・リードをつける
訓練
お座りの訓練
待ての訓練
来いの訓練

ミニチュアダックスフンド メニュー
購入したら病院へ?
粗悪なドッグフードの
実態!

犬の病気事典
犬の病気を五十音順
で検索
ミニチュアダックスの
かかりやすい病気
目の異常

簡単!ミニチュアダックスフンドのグルーミング方法
ブラッシングの仕方
シャンプーの仕方
爪切りの仕方
耳そうじの仕方
ムダ毛のお手入れ
歯磨きの仕方

ペットや動物の絵画・肖像画制作


ミニチュアダックスフンド 簡単『グルーミング』

『グルーミング』とは犬のお手入れのことで、体を清潔に保ち、皮膚病などの病気を防ぐ効果もあります。

ミニチュアダックスフンドのお手入れは、主にブラッシング、シャンプー、爪切り、耳掃除、トリミング、歯磨きなどです。

飼い主が自宅で簡単にできるグルーミング方法ばかりなので、あなたの可愛い愛犬のお手入れをして、信頼関係を深めましょう。



ミニチュアダックスフンド 耳掃除の仕方

ミニチュアダックスフンドは垂れ耳なので、耳の中の通気性が悪く湿った耳アカが溜まります。手入れをしないで放っておくと耳の病気になってしまうこともあるので、定期的な耳掃除が必要です。
週に一度は耳のお掃除をしてあげましょう。
※耳掃除をする前に耳の中を見て、黒いアカ、炎症などの症状がみられたら耳の病気の可能性があります。耳掃除はしないで、獣医に診てもらいましょう。

耳そうじに使う道具
■イヤークリーナー (綿棒などに含ませる)
■綿棒、脱脂綿 (イヤークリーナーを含ませて汚れを拭き取る)
■イヤーパウダー (耳掃除の仕上げに)

お風呂嫌いのワンちゃんでも
これで安心♪
耳垢がごっそり見える!
キトサン炭綿棒!
ジメジメした耳の中をサラサラ
ドライに!ニオイも抑えます!
お手軽イヤークリーナー
ナモト貿易 イヤーオクサイド
抗菌タイプトーラス 
愛犬用 耳アカイヤー 70本
現代製薬 ロイヤル
イヤーパウダー...



綿棒で耳そうじをする
イヤークリーナー綿棒や脱脂綿に染み込ませて、やさしく汚れを拭き取ります。(ゴシゴシすると耳の中が傷ついて炎症を起こす場合があるので気をつけましょう。)
きれいになったら、乾いた綿棒で水分を拭き取ります。







イヤーパウダーで仕上げる
ミニチュアダックスフンドは垂れ耳で通気性が悪く、耳の中が蒸れてジメジメしやすいので仕上げに
イヤーパウダーを使用します。
イヤーパウダーを耳の中にふきこみ、綿棒でやさしく拭き取ってください。
綿棒に適量をつけ、全体にいきわたらせるといった方法でもOKです。


※耳そうじを嫌がる場合
耳掃除をすると暴れたりして嫌がりる場合、無理にすると耳の中が傷つけてしまうことがあります。嫌がる場合は、無理に自分でしないでトリマーさんなどにお願いしましょう。








ブラッシングの仕方 シャンプーの仕方 爪切りの仕方
耳そうじの仕方 ムダ毛のお手入れ 歯磨きの仕方






ミニチュアダックスフンド《atelier choco》 TOP






ミニチュアダックスフンド《atelier choco》 TOP



オイルパステル画
ギャラリー
アクリル画
ギャラリー
4コマ☆漫画 ミニチュアダックスフンドの特徴 ミニチュアダックスフンドの種類 犬の飼い方・
犬のしつけ方(1)
犬の飼い方・
犬のしつけ方(2)
犬の飼い方・
犬のしつけ方(3)
個人情報保護 Q&A お問い合わせ リンク集
ペット関連〔1〕
リンク集
ペット関連〔2〕
リンクについて サイトマップ


《atelier choco》に掲載されている作品・写真・文章等の無断転載、転用、複写、複製行為は禁じております。